「ふるさと納税

 ワンストップ特例制度」で

  患者会に寄附できます!

 2018年8月より「よこはま夢ファンド」に「NPO法人異染性白質ジストロフィー患者家族の会」が団体登録されました。

 

 それにより「よこはま夢ファンド」を経由してMLD患者会に寄附をして頂くと、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用して、寄付金から2千円を差し引いた金額が、住んでいる自治体で支払う翌年の住民税から控除される「寄付金控除」を受けることができるようになりました。 

 

(例)「1万円」を寄附すると、、、

   ①1万円ー自己負担分2千円=8,000円→翌年の住民税が8,000円減額

   ※住民税が10万円なら、9万2千円

     

   ②ふるさと納税の返礼品「みなとぶらりワイドチケット」2枚

    550円×2枚=1,100円相当が横浜市から送られてきます。

 

 5千円以上の寄附を頂ける場合は「クレジットカード払い」も可能です。

 寄附申込フォームをクリックすると「よこはま夢ファンド寄附申し込み」フォームが出てきます。

 記入項目の中に

「寄付の活用先として希望する団体がありましたら、ご記入下さい」

という箇所があります。 

「NPO法人異染性白質ジストロフィー患者家族の会」

と必ず記入してから送信ボタンを押して下さい。

 ここに何も記入されていないと、夢ファンド内にある「MLD患者会口座」に寄付金が保管されず、他の登録団体の活動に使われることになります。

 

 後日、クレジットカード払いに必要な番号が送られてきますので、Yahoo!公金支払いのフォーム内に記入して納付して下さい。

 

 ゆうちょ銀行や都市銀行などの金融機関を利用される場合は、金融機関窓口に提出する納付書が1〜2週間後に送付(※送付無料です)されて来ますので、その用紙で納付下さい。

 

 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」は、その年に確定申告を行わない場合に限り、申告書を出すだけで確定申告をしなくても寄付金控除が受けられる制度です。

 住宅取得や医療控除などで確定申告をされる方は、その年の控除枠(=所得や家族構成によって違います)を使い切ってしまうと、寄付金控除は受けられなくなりますのでご注意下さい。

 総務省ポータルサイトの早見表はこちら 

 

 ふるさと納税は、税金が減額されるわけではなく、次年度払うべき税金の支払先を居住地の自治体から変更することによって、納税先の自治体を応援しようという趣旨の税制度です。

 みなさんが納める税金の活用先として「よこはま夢ファンド」経由でMLD患者会を応援して下さることをご検討願います。

 

法人からの寄附については、全額「損金算入」できます。

ご支援のほどよろしくお願いします。

患者会を支援して下さる皆様(敬称略)

よこはま夢ファンド経由で寄付金控除が受けられます。
「ふるさと納税」で患者会に寄付すると、翌年の住民税が減額されます。

<賛助会員募集中>

2017年は、50件を超えるご支援をいただきました。本年度も引き続きご支援よろしくお願いいたします。

 <振込先>

ゆうちょ銀行 

記号 10980 

番号 18198081

名義 

NPO法人異染性白質ジストロフィー患者家族の会

(個人)1000円以上/年(一口以上)

(団体)10000円/年

(一口以上)

濡れた砂の上の小さな足跡
2012年、フランスでベストセラーになったMLD患者家族の本 世界17カ国で翻訳 アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン著 平野暁人・訳 ぜひ一読下さい。

アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアンさんの映画が7/14から全国で上映中。

腎不全、肺動脈肺高血圧症などの病気を患った5人の子供たちの何気ない日常生活を通して、生きることの素晴らしさを描く。観る者に勇気と感動を与えてくれるドキュメンタリー映画。

患者家族のblog&HP